まぶたの働き

二重整形をすることにより、目元をパッチリ大きく見せることが出来ます。そのため二重まぶたに憧れている方は多くいます。最近では、ドラッグストアなどで目元を大きく見せるための商品を沢山売られています。テープで目元を大きく見せるものから、接着剤を使いまぶたを二重に見せるものなど様々です。そのため、多くの女性がそれらを好んで使っています。ですが、それらの商品を使うのが面倒くさい、長期的に目元を大きく見せたいという方が増えてきて、二重整形の需要が高まってきています。

そのようなまぶたを矯正する商品や、二重にする二重整形が行われていますが、まぶたには様々な働きがあります。まぶたは眼球を守る役割をしていて目にゴミが入るのを防いでくれたり、乾燥から守ります。また、まぶたにあるマイボーム腺と呼ばられる場所から脂分が分泌され、涙と一緒になることで目を潤す効果を持っているのです。このようにまぶたには様々な働きが存在します。また、まぶたにはその人の容姿の印象を変える効果があるので、まぶたが一重と二重では大きく印象が異なってくるのです。二重の方が目がパッチリしているように見え、顔に明るい印象を与えてくれます。ですので、二重整形を望む方が増えてきているのです。

二重まぶたにも様々な種類がありますが、二重整形で多く行われているのが、平行型です。平行型は欧米人のようなくっきり二重の形です。外国人のようなパッチリな目元を作れるので二重整形では人気のあるまぶたの形状です。